ondo online store

カートを見る
  • SHOPPING GUIDE
  • ログイン
  • JAPANESE
  • ENGLISH

2005年に京都嵯峨芸術大学短期大学部卒業後、イラストレーターを目指してイラストレーション青山塾で2年間学び、その後、自分の表現を追求していくために現代美術家の道を歩み始める。世紀末を予感させる混沌とした現代への不安感や、救いを求める人々の孤独感を子どもやヒーローを思わせるキャラクターに投影し、独自のイラスト表現で作品制作している。アイデンティティーが確立される以前の子どもを「表現の器」としてモチーフに選ぶ。クローズアップした異様な容姿の子どもの虚ろな表情は、孤独や不安だけでなく世の中の矛盾や理不尽さを暗示し、現代社会への問題提起を意図している。

  • ondo gallery&product